ネット放送聴き方ブログ
インターネットで放送を聴きたい方のためのブログです。 放送をされる方で誰かに放送の聴き方を教えたという時に、ご自由にお使いください。
プロフィール

猫目☆

  • Author:猫目☆
  • ネットラジオしている猫目☆です。
    自分も放送してます。
    リンクフリーですのでどなでもご自由にお使いください。

    兄弟ブログ(自分のことはここに書いてる)

    猫目のきまぐれ



放送中のお知らせ

放送中はどちらかが赤くなります。

↑クリックで放送聴ける



アクセスカウント

総合アクセスカウント
ユニークアクセスカウント
今日昨日のアクセス表示用



お気に入り登録



全記事(数)表示

全タイトルを表示



カテゴリー



エントリー

◆カテゴリー:aacPlus放送関連
ALL



評価

このページを見て・・・

質問 わかりやすさ度
すごくわかりやすかった
まぁまぁわかりやすかった
普通かな
いまいちわかりづらい
まったくわかりません

コメント



- アクセス解析 -



ブログランキング

このブログがいいなと思った方はクリックをお願いします。

意味はないけど、一応おいてる感じ。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Hateburolls



あなたの地域の天気予報



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



IP検索



国盗りカウンター

サイトに訪れたユーザーの都道府県をカウントして、キャラクターが成長します。

2009/03/02~



            
フリーエリア
    



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aacPlusについて
aacPlusはどんなものか気になる人用のまとめ

aacPlusとAACは名前は似てるものの別物です。
aacPlusは、別名HE-AAC(High-Efficiency Advanced Audio Coding)というものになります。

種類や違いはこんな感じ。

AAC-LC(AAC Low Complexity) ←iTunesとかで使ってる形式。
AAC-LC+SBR=aacPlus V1
AAC-LC+SBR+PS=aacPlus V2 ←ねとらじ放送でよく使われる形式。


違いを簡単に説明すると。

○SBR(Spectral Band Replication)
サンプリング・レートを一端落としてはき出して、聴くときにサンプリング・レートを元の状態に復元する技術。

44100Hzの場合。
配信側 44100Hz→22050Hzでリスナーに届ける。
聴く側 22050Hz→44100Hzに戻して聴いてる。

○PS(Parametric Stereo)
ステレオを一端モノラルにしてはき出して、聴くときにステレオの状態に復元する技術。

どの技術を使ってるかで種類が分かれます。
この二つの技術を使ってるのが、ねとらじでaacPlus配信といわれる。
aacPlus V2です。

(aacPlusのみの表記だと、「aacPlus V1」のことを指すこともあるので注意です。)

低サンプルレート&モノラル放送に一端し、リスナーには元の状態に戻して聴かせるために低ビットレートで高音質を可能にしています。
頭が?な人はこんなイメージでいいと思う。
大きいものを分解してコンパクトにすることで運びやすくして、使うときになったら組み立てるイメージ。

これには落とし穴があり、
aacPlus V2が低ビットレートで高音質だからといってビットレートをむやみにあげれば音質があがるものではありません。
48kbpsを境に、PSの機能は通常のビットレートで補えるために意味をなくします。
そうなると、48kbpsから上のビットレートはaacPlus V1のほうが音質がよくなります。
これもある程度ビットレートが上がると、SBR機能がビットレートで補えるようになるので、
96kbpsより上はLC-AAC(普通のAAC)のほうが音質が良くなります。


本家に分かりやすいグラフがあります。
http://www.aacplus.net/products/aacPlus.htm
真ん中あたりのIndependent quality evaluations of aacPlusって書かれてるところのグラフ参照。

edcast(oddcast)でaacPlusを放送する場合、「aacPlus V2」しか選べません。
aacPlus V2は48kbpsが限界音質です。それでもmp3の128kbpsレベルまたはそれ以上の音質ですよ!!
それ以上ビットレートを上げても音質に変化はないと思ってください!




簡単な説明はここまで。
もっと深く知りたい人は下記も参考にどうぞ。

AAC-LC(AAC Low Complexity)
iTunesなどで使われる一般的なAACはAAC-LC(AAC Low Complexity)と呼ばれるもの。mp3より約1.4倍の圧縮率が高いと言われいる。96kbpsのAACが128kbpsのMP3と同等とされている。

SBRの詳しい説明
サンプリング周波数(サンプリング・レート)の高周波数部分を分離し、それを情報として低サンプリングレートに記録してAACを作る。それを聴くとき(デコード)の時に、高音域を予測して生成したデータを合成して元の音声を復元する技術。

PS(Parametric Stereo)の詳しい説明
ステレオの左右の違いを記録し、モノラルにします。聴くとき(デコード)にはモノラルのHE-AACとPSを合成しています。


スポンサーサイト

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

Windows Media PlayerでaacPlus放送を聴く!
Windows Media PlayeraacPlus放送聴く!

iTunesなどで使われる「AAC」とは別なので混同しないように注意。

始めにいっておくと、Windows Media PlayerでaacPlusを聞けるようにするより、この際winampというaacPlus対応プレイヤーを使った方が楽です。
インストール方法↓
http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/winamp/inst/inst.html

【1】
プラグインのダウンロード

↓のサイトに行き
http://www.orban.com/plugin/

setup_AAC_aacPlus_plugin_DL
サイトへいったら、「GET IT HERE」の「PLUGIN」よりダウンロード。

【2】
インストール

ダウンロードした
インストーラー
をクリックしてインストール開始。

インストールが開始されたら
aacPlus_Plugin1
『Next』をクリック

aacPlus_Plugin2
『I accept the agreement』にチェックをいれて、『Next』をクリック

aacPlus_Plugin3
Install』をクリック

aacPlus_Plugin_Finish
インストール作業が終了したら、Finish』をクリックして完了です。

デスクトップに
「AAC-aacPlus Plugin Read Me」(説明書)
「Tuner2 - your ears will know」(お気に入りのファイル)
のショートカットが作成されますが、必要ないので削除してもおkです。

【3】
聴くための一手間
aacPlusは普通には聴けません。
ドルフィンでねとらじ放送を録音する→追っかけ再生する
なら簡単に聴くことができます。

または
URLをWindows Media Player用に変更して聴いてください。以下その方法。


通常のねとらじ放送URL
http://std1.ladio.net:ポート/マウント.m3u
http://std2.ladio.net:ポート/マウント.m3u

では聞けません!!

・「http://」部分を「icyx://」に変更
・マウント名「.m3u」の「.m3u」の削除
このURLの最初と最後を変えてください!

つまりこういうこと。

icyx://std1.ladio.net:ポート/マウント
icyx://std2.ladio.net:ポート/マウント


例。
http://std1.ladio.net:8010/nekome.m3u

icyx://std1.ladio.net:8010/nekome

Windows Media Playerの放送URLの入力方法は
Windows Media Playerネット放送を聴く!を参考にしてください。

終わり。

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

aacPlus放送をドルフィンから再生する方法
このページは編集中のものです。

ねとらじの放送録音ソフトは色々ありますが、ドルフィンはaacPlusに対応しています。
すでにドルフィンを使ってる人は前半とばして、下へ。

RAZIE(らじー)は、aacPlusに非対応です。録音ならできます。
録音すると拡張子が「mp3」で保存されるためうまく再生されません。
そのため拡張子を「.aac」に書き換えてください!

今までRAZIE(らじー)で録音してる人は、ドルフィンへ意向したほうが楽かな。

Dolphin(どるふぃん)のダウンロード
上のリンクに飛び、ドルフィンをダウンロード&インストールしてください。

Dolphin Q&A にも目を通しておくといいよ。


----------------
ここから本番です。

【ドルフィンからaacPlus放送を聴く方法】


ドルフィンでは、mp3放送とaacPlus放送の種類が表示されます。
どっちか分からない場合はここをみましょう。
Dolphinaac01
ドルフィンの右下にあるところです。表示されてない場合、「詳細」をクリックすれば表示されます。

デフォルトのプレイヤーはWindows Media Playerになってるため、プラグインをいれてさらに放送URLを変更しなければ聞けません。そのため、ドルフィンから直接Windows Media PlayerでaacPlus放送を聴くことができません。

しかし、方法はあります!

録音ファイルならURL気にせずいけます。

これを応用して、Windows Media Playerにプラグインをいれてる&Windows Media Playerがメインの人用の聴き方

聴きたい放送をドルフィンで録音する。

おっかけ再生する
(おっかけ再生に関してはこちら参照→Dolphinツールバー


ドルフィンから直接aacPlusを聴きたい場合は、別のプレイヤーで聴きましょう!

ドルフィンの上にあるメニューバーより

[ツール]

[設定]をクリック

出てきた設定画面の「アプリケーション」タブを選択

そこがドルフィンで再生するプレイヤーの設定です。

「その他の番組を再生するアプリケーション(E)」
のところに、再生で使いたいプレイヤーのリンク先を入力します。
入力するものはこちら↓

WINAMPで再生を追加したい場合は

C:\Program Files\Winamp\winamp.exe

と上の文字をコピペ

foobar2000で再生を追加したい場合は

C:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exe

VLCで再生を追加したい場合は

C:\Program Files\VideoLAN\VLC\vlc.exe

その他追加したいソフトがある場合は、そのソフトのデスクトップにあるショートカットを右クリック

プロパディの中のリンク先を見れば分かります。



追加が完了したら、「OK」を押して設定を保存します。


あとは番組リストから聞きたい番組を右クリックして
「その他のアプリで聴く」
を選択。

そこに自分が追加した項目を選択すれば、そのプレイヤーが起動します。

これでaacPlus放送もおkだね!

2009/04/10

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

aacPlusの放送方法
Winamp+edcast(oddcast)でaacPlus放送をする。
基本的な放送設定は済んでるものとします。


Winamp のバージョン5.1からaacPlus v2のエンコードに対応しています。

なので、C:\Program Files\Winamp\Plugins
の場所にaacPlus v2配信に必要な「enc_aacplus.dll」 が既に存在します。

WinAmp 5.1以上のバージョンを使ってる人は簡単にaacPlus V2配信が可能です。

accpoddcast.gif

上の写真の部分を「AAC Plus」に変えるだけ。

サンプルレート→44100 に
ビットレート→48kbpsまたは32kbpsにしてください。

ビットレートを64kbps以上に設定できますが、48kbpsで頭打ちです。
48kbpsを超えるビットレートにしてもほとんど音質はあがりません。




foobar2000+edcast(oddcast)でaacPlus放送をする。


WinAmp 5.1以上のバージョンを使ってる人は、

C:\Program Files\Winamp\Plugins
にある
「enc_aacplus.dll」

C:\Program Files\Winamp
にある
「nscrt.dll」

この二つのファイルをコピーして、
C:\Program Files\foobar2000
のフォルダの中に貼り付けます。

これで、エンコーダーに「AAC Plus」が選択できるようになります。
あとは【Winamp+edcast(oddcast)でaacPlus放送をする。】と一緒です。


ねとらじスケープでaacPlus放送をする。

WinAmp 5.1以上のバージョンを使ってる人は、

C:\Program Files\Winamp\Plugins
にある
「enc_aacplus.dll」

C:\Program Files\Winamp
にある
「nscrt.dll」

この二つのファイルをコピーして、
Ladioscape
のフォルダの中に貼り付けます。

これで【ストリーム】でAACエンコード(オプション)が選択できるようになります。

ビットレートは48kbpsまたは32kbpsに設定します。
種類は、HEを選択してください。
サンプルレーはいじれません。

ただし、ねとらじスケープでaacPlus配信をするとソフトが不安定になる&重くなるので注意が必要です。

テーマ:フリーソフト解説 - ジャンル:コンピュータ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。